アイアイ塾 感想

アイアイ塾の参加者さんや、その親御さんから、うれしい感想が次々と寄せられています。一部をご紹介します。


本を読むことが楽しくなったようです

小学3年生の息子が本を読むようになりました。学校でこんな本を読んだよと報告してくれて、次は何読もうかな? と楽しそうにしています。英語の先生にアイアイ塾のことをお話したら、「最近、変わったと思っていました!」と言われ、周りから見てもわかる変化があったことに感動しました。(T.Kさん/北海道)


オンライン参加だから見えた息子の姿

コロナ禍の中でもZoomで同じ学年のお友達と交流したり、自分の意見を言う場ができたことが、ありがたいです。塾の間は私は息子とは離れた場所にいるため、一人でいるときの息子のいろんな姿を垣間見ることができて、嬉しかったです。
(S.Aさん/東京都)


自分で自分を認めるようになった長女

小学5年生の長女は、最近になり自宅で「私ってすごいよね!色んな事が出来て素晴らしいよね!」と言うようになりました。自分の事を認めて前向きになり、未来の自分をイメージ出来るようになっています。
(H.Rさん/埼玉県)


次女の参加の目的は「天才になりたいから!」

人見知りが激しい小学1年生の次女は、アイアイ塾でも全く話をしなかったのですが、回を重ねるにつれ自ら話すようになりました。「天才になりたいから参加するの!」と目的を話したり、学校でも自分で言わなくてはならないことは、ちゃんと先生に言いに行けるようになりました。
(H.Rさん/埼玉県)


兄弟の関係性に変化の兆しが・・・!

子供達の発言が増えました。『間違いはない』をわかって来たのか、意見を言うようになったと思います。以前は、弟の意見を否定していた兄が、「弟はそう思ったんじゃないの?」と言うと否定するのを止めるとか、理解しようとする等の行為が見受けられるようになりました。
(B.Tさん/埼玉県)


子供たちの感想

自分の言いたいことが全部言えることが楽しいです。

(Y.Mさん・小5/埼玉県)

ずっと話を聞いているだけで面倒くさい。だけど、楽しい時もある。聞いてくるから、なんか話す。

(N.Mさん・小2/埼玉県)


自分を言葉にすることを学びつつあります

長女は感想の通り、毎回楽しく参加しているようです。存分に話せる場だということをわかっているようです。次女は自分の気持ちをすぐに言葉にできない子です。ですが、毎回必ず何か話すように促されることで、気持ちを言葉にする練習になればいいなぁと感じました。
(H.Mさん/埼玉県)


新しい視点から自分がわかります

アイアイ塾では、ほとんどの時間をトピックについて”自分はどう思うのか、
どう感じるのか”をシェアすることに使います。毎回、他の参加者の意見を
聞いて、新しい自分に出会えます。専門的な知識をインプットするよりも、
シェアを通して自分を知ることの大切さと素晴らしさに気づけました。
(F.Kさん・大学生/東京都)


子どもたちの発言に感心♪

毎回、我が子がどんな話をするのか? ドキドキしています。子供達が自分
の言葉で伝えられるように、私が余計なことを言わないようにすることがと
ても大変です。すると想いもよらない解答をするので、ドキドキから感心に
変わったりしてとても楽しいです。
(T.Yさん/愛知県)

ピックアップ記事

  1. アイアイスクール×グレッグさんの宇宙人コンタクト 親子ワーク「スターキッズ」★宇宙船との...
  2. 誰もが天才自分らしく生きるSQ教育を親子の届ける活動をしているNPO法人アイアイスクール代表...
  3. 誰もが天才自分らしく生きるSQ教育を親子に届けるNPO法人アイアイスクールの代表石井紀子です...
  4. 第20回『岡野翔太さんお話会』 子供の部『なんでも叶う夢ノート』~みんなで話そう~■日時...
  5. 誰もが天才自分らしく生きるSQ教育を親子の届けている、NPO法人アイアイスクールの石...