「学校へ行きたくない」その後

前回投稿した、アイアイ塾に参加中のお子さんが

「お腹を蹴られて、痛くって、学校へ行きたくない」と

話してくださったことに、続きがあります。

 

翌週学校へ行って、その蹴ってきたお子さんと先生と3人で一緒に話し合いをしたそうです。

 

ほんとはその子と仲良くしたかったってわかったそうです。

月曜日は二人でニコニコしながら帰ってきたとのことでした。

まだ、たまに、たたいたり、ちょっかいを出してくる子もいるけれど、

今回のことで、自分からちゃんと話していくことをしていけば大丈夫、

そう思ったそうです。

 

「ありがとう紀子さん」と、電話で話してくれました。

 

お母さんも以前だったら、おろおろして、もっと焦っていたかもしれませんが、

今回はアイアイ塾に参加していたので、なんとかなると思っていたそうです。

私の想像していたよりも落ち着いていたお母さんでした。

さすがです。

自分の思っていること、感じていることを言葉にすることの大切さが身に沁みました。

 

ありがとうございました。

アイアイ塾の詳細についてはこちらから

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 第20回『岡野翔太さんお話会』 子供の部『なんでも叶う夢ノート』~みんなで話そう~■日時...
  2. 誰もが天才自分らしく生きるSQ教育を親子の届けている、NPO法人アイアイスクールの石...
  3. 誰もが天才自分らしく生きる哲学をベースにしたSQ教育を親子に届ける活動をしているNP...
  4. 「誰もが天才自分らしく生きるSQ教育を提唱する」NPO法人アイアイスクール代表の石井紀子です...
  5. 映画『みんなの学校』元校長先生 木村泰子さんと対話しよう! 開催しました■日時:2022...