「学校へ行きたくない」その後

前回投稿した、アイアイ塾に参加中のお子さんが

「お腹を蹴られて、痛くって、学校へ行きたくない」と

話してくださったことに、続きがあります。

 

翌週学校へ行って、その蹴ってきたお子さんと先生と3人で一緒に話し合いをしたそうです。

 

ほんとはその子と仲良くしたかったってわかったそうです。

月曜日は二人でニコニコしながら帰ってきたとのことでした。

まだ、たまに、たたいたり、ちょっかいを出してくる子もいるけれど、

今回のことで、自分からちゃんと話していくことをしていけば大丈夫、

そう思ったそうです。

 

「ありがとう紀子さん」と、電話で話してくれました。

 

お母さんも以前だったら、おろおろして、もっと焦っていたかもしれませんが、

今回はアイアイ塾に参加していたので、なんとかなると思っていたそうです。

私の想像していたよりも落ち着いていたお母さんでした。

さすがです。

自分の思っていること、感じていることを言葉にすることの大切さが身に沁みました。

 

ありがとうございました。

アイアイ塾の詳細についてはこちらから

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022年いよいよスタートいたしました。
  2. ◎2020年度 活動報告書が完成しました!今年も、NPO法人 アイアイスクールの活動...
  3. ◎NPO法人 アイアイスクール 令和二年度通常総会を開催しました。
  4. ◎「ゲームから人生学ぶ?! お話会」 10月 4日 20:00~21:00 【親の部】 ...
  5. ◎「ゲームから人生学ぶ?! お話会」を8月に続き、9月も開催しました! 9月11...