めんどうくさいことやりたくない

「誰もが天才自分らしく生きるSQ教育を提唱する」
NPO法人アイアイスクール代表の石井紀子です。

 

先日、アイアイ塾に参加をしている高校生と、「ディブリーフ」という対話をしました。

 

この「ディブリーフ」という対話を通して、人生に違いを創り、自分を知り、自分で人生を創作

できるようになります。(無料での体験も可能です)

 

通信制の高校に通っているBくんは、ゲームを部屋でしている時間が長いのです。

そのことが悪いわけではないですが、Bくんは自分でそれを良くないことだと思っていました。

そして本当は、変わりたいと思っていたそうです。

 

Bくんは、前回のディブリーフの後から、少しアルバイトに挑戦することになって、

家の畑仕事を手伝い始めていました。

そのことを聞くとBくんは、「農作業は、面倒だし、疲れるし、眠くなるし・・・」と言って

いたのですが、最後に、

「家にずっといた時は、今の状態ではまずいなってホントは思っていたんだ」

「でも農作業をやっているときは、それは思わなかった、まずいことやっているって思わない

時間だった」と、話してくれました。

 

自分が本当は何をやりたいのか・・・なかなか見つからない・・・

わたしも学生のころはそうでした。

自分が誰であるのかという「問い」すら持ったことがありませんでした。

 

SQの力をつけていけると、過去にとらわれたり、解釈だらけの人生から抜け出せます。

 

本当に何をしたいのか。

それをやるために、時には、今は面倒くさい、やりたくないことも必要なことがあります。

 

敢えて、やりたくないことをやってくることが、Bくんの次回までの課題になりました。

Bくんがやってくることを意図して、待ちたいと思います。

 

わたしも合理的にならず、非合理に生きていきます。

 

アイアイ塾にご興味のあるかたは、こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 新年度に向けて!子育てジャンプアップ武田先生と哲学対話~3回シリーズ~ その2 開催!...
  2. 「誰もが天才自分らしく生きるSQ教育を提唱する」NPO法人アイアイスクール代表の石井紀子です。
  3. 新年度に向けて!子育てジャンプアップ武田先生と哲学対話~3回シリーズ~ その1 開催!3...
  4. 「誰もが天才自分らしく生きるSQ教育を提唱する」NPO法人アイアイスクール代表の石井紀子です。
  5. 「誰もが天才自分らしく生きるSQ教育」を提唱しているNPO法人 アイアイスクールの代表の石井...