専門学校で「SQの授業」をさせていただきました!

去る11月6日(金)、アイアイスクール スタッフ6名で、埼玉県内の保育専門学校にうかがいました。保育士になるために、まさに就職活動中の学生さんたちに、わたしたちアイアイスクールが提唱するSQ教育のベースである
『自分らしく生きる』を、一つの授業として届けるためです。

授業には、53名の2年生が参加。
アイアイ塾のテキストの一部を使って、SQの根幹となる「自分の種をつくる」ということを、わたし自身の体験やこれまでアイアイ塾に参加したり、SQ教育に触れてきた生徒さんたちの言葉のシェアを通して、話させていただきました。その後、グループに分かれ、実際に「自分の種をつくる」ワークすることで、掴んでもらいました。

種が土に埋まっていて見えないように、「自分の種」とは、自分にはまだ見えていない部分で、本来自分が持っているもののことです。

その「見えない種」を創作し、言葉にしていくことをしていきました。
学生さんたちにとっては、は初めて体験だったのではないでしょうか?

「わからない・・・難しい・・・」

「えっ! どういうこと?」

この驚きが、普段使っていない脳へのアクセスとなります。

数人ずつに分かれてのグループワークでは、仲間と話し合い、それぞれ、自分の考えを言葉にしてもらいました。
自分のことを聞いてもらうのは嬉しいものです。

「あなたの“種”は何ですか?」

その問いに、、恥ずかしそうにニコニコしながら
「私は夢を叶える人です」
「私は愛です」
などと、学生さんたちは、自分を次々に表現していきました。

授業後の感想では、
「授業の終わったあとスッキリしました」
「自信が持てるようになりました」
「自分を見つめることができて、自分の好きなものがわかりました」
「自分が何のために生きたいかが、少し分かった気がします。自分をほめて生きていきたい!」
「自分を小さな枠にはめていた事を知りました。もっと自由に自分らしく表現することの大切さを知りました。解放されました」
「自分の種を見つけて発表し、いいですねっと言ってもらえた事、クラス全員の自分の種を知ることが出来て良かったです」
「自分らしさを知れて良かったです。自分はどういう人なのかも知れて良かったです」
「自分の心の中にある言葉を引き出して、口に出すことによって、気分や気持ちが変わった」
などなど、すばらしい感想を、たくさんいただきました。

学生さんたちの未来は輝いている!と感じました。
自分が誰で、何のために生きるのか
その目的を明確にして自分らしく生きること。

21世紀を生きるための力培うためのSQ教育を学校教育へ届けることが
NPO法人アイアイスクールの活動の根幹です。

初めて『創作』に出会った時の悦び、感動、
自分を知ることの素晴らしさを届けていきたい!

あらためて、そう決意させていただけた体験でした。
このような機会をいただき、心より感謝いたします。

今後もぜひ、いろいろな学校へ
出張授業に伺わせていただきたいと思います。

出張授業、出張講演会へのお問い合わせはコチラから。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 『木村泰子さんと対話しよう!voi.5』開催!2022年11月23日(水・祝)13:30~1...
  2. 続・未知との遭遇「宇宙対話」開催!7月29日に開催した夏休みスペシャルイベント「スター★キッ...
  3. 第24回『岡野翔太さんお話会』 大人部 『親の心子知らず、子の心親知らず』~みんなで話そう~ ...
  4. 誰もが天才自分らしく生きるSQ教育を親子に提唱しているNPO法人アイアイスクール代表の...
  5. 誰もが天才自分らしく生きるSQ教育を提唱しているNPO法人アイアイスクール代表の石井...